琵琶湖環状線〜滋賀県をJRで巡る旅

琵琶湖環状線〜滋賀県をJRで巡る旅

滋賀県で出会った人とのんびり列車の旅はいかがですか。

 

滋賀県といえば琵琶湖であるが、その琵琶湖を取り囲むようにJRの路線が存在しています。
湖西線、北陸本線、琵琶湖線の3本あります。
ちょうど環状線であるが、これらを通しで走る列車は存在してません。
しかし、JRの特例運賃区間で認められるいわゆる大回り乗車でこれらを環状線として乗り通すことは可能です。
滋賀県の変化溢れる景色を堪能してみてください。

 

旅のスタートは琵琶湖線と湖西線が分かれる山科から。隣駅大津までの切符を買い、いざスタート。

 

まずは琵琶湖の景色を楽しむべく湖西線に乗車。湖西線は全線高架であるので、進行方向右手に湖面輝く様子をうかがうことができます。
しばらく都市の光景が続く。堅田の大観覧車を眺めながら電車はトンネルを抜け、和邇へ。
その名にちなんでいるのか、大きくワニの絵が描かれた看板があり笑いを誘う。蓬莱、志賀、比良と琵琶湖沿岸をかすめながら進んでいきます。
近江舞子から先は新快速もいよいよ各駅停車に。比良山系が迫りトンネルが多くなります。
近江今津で電車の切り離しや特急の退避による長時間停車を行うため、ホームに出て気分転換するのもよいでしょう。
装い軽くなった電車は長大トンネルを抜け、一瞬湖面がちらつく中近江塩津へ。ここで米原方面の電車に乗り換えます。冬場はかなり積雪があり驚かされます。

 

米原方面へ向かう電車も進行方向右手に時折湖面をうかがえます。この辺りは湖北らしい全体的に落ち着いた光景が広がっています。

 

米原からはいよいよ琵琶湖線へ。
快速で一駅ずつ辿ってもよいし、新快速で主要駅を巡るのもよいでしょう。このあたりは京都や大阪とのつながりも深く、主要駅ごとにかなりの規模で宅地開発あるいは工場が増えています。
そして見逃せないのが平和堂。新快速の止まる駅の駅前にはたいてい平和堂の緑のハト看板が待っています。
彦根、近江八幡、野洲、草津と進むにつれ乗客も増え、県庁所在地大津で琵琶湖環状線も終わりを告げます。滋賀県内の電車はたいていクロスシートなので、長時間乗り通しても比較的疲れにくいのも嬉しいです。