彦根城のひこにゃん

彦根城のひこにゃん

滋賀県で一番知名度の高いキャラクターといえば、彦根の「ひこにゃん」です。
ひこにゃんは、滋賀県のみならず、日本で一番有名なゆるキャラです。

 

ひこにゃんは、彦根藩二代藩主である井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる招き猫がモデルです。
井伊軍団のシンボルとも言える赤備えの兜をかぶっています。

 

普段、ひこにゃんは彦根城周辺を散歩していることが多く、一日数回、彦根城天守前広場や彦根城博物館に登場します。
ひこにゃんは、全国各地のゆるキャライベントにひっぱりだこですが、年に1度のお城の大掃除や、餅つき、豆まきなど、地元の行事にも精力的に取り組んでいます。
毎年12月になると、彦根城天守閣の大掃除が行われます。
毎年ひこにゃんは天守閣に登り、天守閣外側の掃除を行っていましたが、危険をともなう作業なので、数年前から禁止されました。
天守閣に登る姿は非常に勇敢で、彦根城とひこにゃんの絵になるショットは、季節を伝えるニュースや、新聞の一面を飾るほど人気でした。

 

ここ数年は、毎年10月になると「ゆるキャラまつりinひこね」が行われています。
全国各地から、ゆるキャラが大集合し、ひこにゃんが先頭に立ってまつりを盛り上げています。

 

ひこにゃんに会いにぜひとも滋賀県に遊びに行ってみてください!