琵琶湖の幸

琵琶湖の幸

滋賀県の真ん中にある琵琶湖は日本一の大きさを誇る湖です。
滋賀県で素敵な出会いがあれば、絶対に琵琶湖の幸を堪能してみてください。
そんな滋賀県ならではの食べ物をご紹介します。

 

琵琶湖の幸を使ったものでは、湖魚の佃煮、鮎の昆布巻き、鮒寿司、ビワマスのお刺身などが有名です。

 

湖魚の佃煮に使われている魚は、子鮎、ごり、川海老、手長海老など小さな魚です。
小魚の佃煮は、骨ごと食べられるので、カルシウムたっぷり、甘辛い美味しさでごはんのお供にぴったりです。

 

鮒寿司は、初夏に捕れた鮒を、塩漬け、飯漬け、酒粕漬けなど、半年以上の時間をかけて、発酵熟成したものです。
鮒寿司は滋賀県人でも好みの分かれる食品ですが、手間がかかることから非常に高価で、お酒を愛する人には、この上ないご馳走といわれています。
鮒寿司に含まれる乳酸菌には、お腹の調子を整える働きがあり、体調が悪いときに鮒寿司を一切れ食べると調子がよくなるという人もいるくらいです。
昔ながらの方法で、自宅で鮒寿司をつける人もいます。それぞれの家によって味わいが違うといわれています。

 

ビワマスは、琵琶湖に生息するマスの一種で、身は紅鮭のように赤く鮮やかで脂も乗っています。
焼物や煮物に使われることが多いですが、とれたてをお刺身にして食べると絶品です。
ビワマスのお刺身は県外に流通することはすくなく、地元でなければ味わえない一品です。