彦根城

彦根城

滋賀県の彦根城は今では知らない人のいない元祖ともいえるゆるキャラひこにゃんで一気に有名になりました。

 

しかし、実際は大阪から電車で約一時間半、名古屋からもだいたい同程度で来れる大都会に近い観光地として、ゆるキャラで有名になる前からよく知られていました。

 

井伊家の城として有名ですが、元々は徳川家から命を受けて近江の地域を守るべく建築されたものです。
近隣には長浜などの歴史のある街も多く、浅井家など戦乱の世に名が残る武将もたくさん輩出した日本史に非常に縁のある土地なのです。

 

さて、城そのものの魅力ですが、さすがに国宝に指定されているだけあって非常に造りが立派です。
駅のほうから歩いてくると大きなお堀があって、長い橋を渡って堀の中に入っていけます。相当入り口から距離もありますが、天守内部は壮観です。
一本の長い樹木が梁として支えてあるのですが、これが切った四角形の樹ではなくて、普通のぐねぐねと曲がりのある樹が通されているのです。

 

また、面白いのが普通に堀の中に自動車用の道が走っていたり、中に公立高校が存在していることでしょう。
それだけ地元に密着したお城であるとも言えるのです。
5時くらいには城の門から下校する学生も見られますし、お堀沿いに走るランナーも少なくありません。

 

滋賀県で素敵な彼や彼女との出会いがあれば、歴史を感じることができる彦根城にデートしてみても楽しいのではないでしょうか。