滋賀県民の特徴ってなに!?

滋賀県民の特徴ってなに!?

会社が、京都にあったこともあり、職場の同僚は、京都や滋賀出身の方が多く、県民性というものがあるのだなと感じたことがあります。

 

休日に会社の同僚と、琵琶湖畔に行ったり、滋賀県を車でドライブすることも多く、普通の道を車で走らせていても、『和邇』など、歴史の教科書にでてきそうな地名がたくさんでてきて、どこかタイムスリップしたような気分にもなります。京都の方は、大変気が強い印象を受ける人が多いですが、滋賀の方は、芯の強さを感じることが多いです。マイペースというか、自分の軸を持っている印象です。

 

滋賀県といっても、広く、彦根城の周辺は城下町として井伊直弼が統治していた時代の名残もあるのかもしれませんが、みなさん穏やかで、自己顕示欲の強い人もあまり見かけず、おおらかだなと思います。
ですが、しっかりしていると思うのは、皆さん若いうちからちゃんと持家を持っています。

 

土地が広いというのもあるのかもしれませんが、持家比率も全国で高い方だと聞きます。土地に根差した生活をされていて立派だなと思いました。

 

近江商人の血を受け継いでいるのか、金銭感覚にも優れている方が多いと思います。

 

広い土地と山や湖を持つ、滋賀県の風土は、私も住んでみたいと思う土地のひとつです。

滋賀県民の特徴ってなに!?関連ページ

ザ!滋賀県民あるある
家電好きであたらしもん好きの県民